e-comFAQ-よくある質問-

産業用太陽光発電システムに関するQ&Aです。

よくある質問 産業用太陽光発電

産業用太陽光発電システムについて

設置する時、届け出の必要がある?
出力規模によって、必要な法手続きが異なります。
太陽光発電は発電システムなので、「電気事業法」によって規制されています。
必要となる手続きは、電気工作物の種類および設備の出力規模によって異なります。
例えば、低圧連系の50kW未満や独立電源システムの50kW未満であれば、一般用電気工作物に該当するので、届け出は不要です。
一方、出力規模が50kW以上500kW未満の場合は自家用電気工作物となり、経済産業局に保安規定を届け出る必要があります。
さらに、500kW以上1000kW未満の場合には、工事計画の届け出や使用前安全管理審査も必要となります。

Page Top

産業用太陽光発電システムを設置する土地に制限はありますか?
「農地法適用」の土地には設置できませんので、それ以外の土地が必要です。

Page Top

設置するときに関連する条例、法規はどんなものがありますか?
「建築基準法」と「電気事業法」という太陽光発電システムの設置・保安に係わる法手続きがあります。
太陽電池モジュールの設置形態や設置方式、システムの規模によって対応が異なります。

Page Top

かかる税金はどのようなものがありますか?
固定資産税、償却資産税がかかります。

Page Top

雷は落ちやすくないですか?
屋根や屋上にある設備同様、太陽電池だからといって、雷が落ちやすいということはありません。
ただし、建築基準法では、高さ20mを越える場合には、避雷針(避雷設備)の設置義務が原則あります(建築基準法第33条、JIS A4201)。

Page Top



PAGE TOP