自社の電気は自社でつくる

つくって つかうを つくる
つくって つかうを つくる
ゼロカーボンに貢献企業価値の創造

自社消費型太陽光発電システム企画

SOLAR POWER PROJECT

電気代は年々高騰しており、企業経営のランニングコストは増加し、運営上のリスクが高まりつつあり、電気代の削減に努める企業が増加しています。
また、持続可能(SDGs)な社会を実現するための貢献手段として、自社消費型太陽光発電設備が注目されています。
CO2の排出量を削減することは、企業としての社会的責任を果たし、その取り組みを対外的に伝えることで、企業全体のイメージ向上にもつながります。

電気代の削減

電気代の削減

CO2の排出量削減

CO2の排出量削減

非常時の活用

非常時の活用
工場屋根

自社消費型太陽光発電導入のメリット

メリット①

電気料金の削減

つくった電気は自社消費するため、電力会社から買う電力が少なくなり、電気料金の削減になります。

メリット②

SDGsに貢献

CO2の削減と、クリーンエネルギーの創出で企業価値を生み出します。

メリット③

節税対策

自家消費型太陽光発電システムを中小企業経営強化法の対象設備として導入することで即時償却や税額控除等の優遇措置が受けられることができます。

メリット④

工場立地法に対応

工場立地法における環境施設としてカウントできます。屋根上に太陽光パネルを設置することで、緑地の一部を他の用途で利用することができる場合もあります。

メリット⑤

遮熱効果

屋根に太陽光パネルを敷き詰めると、その遮熱効果により建物内の温度上昇を抑え、室内の冷房効果が上がり電気料金が節約できます。

メリット⑥

非常時に電気が使える

災害時など、蓄電池設備を導入していれば、停電時も安定して施設に電力を供給できます。

自家消費型太陽光発電システムの種類

自家消費型太陽光システムには、完全自家消費型と余剰売電型の2種類あります。

完全自家消費型

発電した電気をすべて自家消費する
完全自家消費型

余剰売電型

使いきれなかった電力はFITで売電する
余剰売電型

当社シミュレーション

自家発電自家消費
電力コストを削減して環境貢献をサポ-ト
低圧契約
店舗・事務所屋根

15.00kWシステムプラン

自家消費率100%の場合
店舗・事務所屋根予想発電量表

設備プランニング

店舗・事務所屋根予想発電量表

投資効果 累積キャッシュフローイメージ

高圧契約
工場・倉庫屋根
30.00kWシステムプラン
自家消費率100%の場合
工場・倉庫屋根予想発電量表

設備プランニング

工場・倉庫屋根予想発電量表2

投資効果 累積キャッシュフローイメージ

低圧 余剰電力売電型
10kW以上50kW未満
工場屋根
45.00kWシステムプラン
工場屋根設置必要条件

設備プランニング